海外FXに限らず狭すぎるストップは負けるゾ

海外FX口座 , 投資を行ううえでストップを決める事は重要だと知っている人も多いでしょう。
損失を限定して余力を残しておく事は基本的な事でしょう。

負ける事も少なくないFXで損切りを決めるとかストップを入れるなどの内容はどのサイトを見ても口すっぱく書かれていることからもこのルールの重要性がわかるでしょう。

競馬で有り金を1レースに全部突っ込むようなものです。

何しろエントリーできなくなってしまってはお金を増やす事はできませんから。

ハイレバでギャンブルトレードをしている人にとってもこのルールを無視する事はできないでしょう。

切りは機械的に入れる

損失を抱えていると戻ってほしいという願望損切りを躊躇してしまう事があります。

その間にもドンドン損失が膨らんで行きますのでストップは入れておいて勝手に決済されるようにしましょう。

ストップを入れたくないハイレバで勝負したいという方は、投資金額を分割して入金するといいでしょう。

例えば10万円ある場合5万円ずつ入金するなどを行うとストップと同じ意味合いになるのでオススメです。

pips位でストップを入れるか

海外FXはスプレッドが国内に比べて広いですからスキャルピングを行うには不利だといえるでしょう。
その為数pispの損切り幅にしてしまうとスグに決済してしまう必要が出てきます。

EUR/USDやGBP/USDなどでトレードを行う場合5pisp等は誤差の範囲でしょうから少し広めに損切り幅を取っておく方がいいと言えるのではないでしょうか。

回数をこなせばこなすほど損失は増えてしまいますから「狭すぎるpips数で勝つことは天才でない限りできない」でしょう。

トレーダーで多いのは20pips程のストップ幅ではないかと思われます。

海外FXでランキング上位のXM
ココまで書きましたが私はストップを入れません。
投資金額を分割して100pisp程でロスカットされるトレードを行っています。
真似をするかどうかは自由ですが、損切りと同じ意味合いの行動をしている事は念頭においてくださいね。

損失を限定しないと次のトレードに生かす事ができません。

XMなどで貰う事ができる入金ボーナスや口座開設ボーナスを利用する場合はハイレバ一発勝負を行う事も考えますが自分のお金を賭ける場合はリスクを小さくとどめておく方が得策だといえるのではないでしょうか。

XMでボーナスを受け取る