海外FXで口座を開くには予めその会社について調べておく

XM(エックス エム) , 海外FX口座 , 1000倍近くのレバレッジを掛ける事ができて資金効率がよく10万円から1億円を狙うのも夢でないという点だったり、国内口座のように追証がかからないという点であったり
海外FXにはメリットが沢山あります。

しかし海外に会社があるという特性上、日本の法律が適用されずリスクを持っているというのも海外FXの特徴であったりします。
せっかく利益が出ていても実際に自分の手に乗らないとデモで運用しているのと変わりません。

そこで海外FXで口座を開くには予めその会社について調べておく必要があります。

ではどんな点を調べておくといいのでしょう。

益を出金できるのか

当たり前の話ですが、海外にしろ国内にしろお金を運用して利益を得るのが目的でFXを始めると思います。
せっかく得た利益を没収されたり出金拒否されたりしたら大変です。

自分が選んでいる会社は出金をきちんと行う事ができるのか、また出金の方法はなどを調べておく事をオススメします。

2chやtwitterなどでもたびたび出てくる事があるアイフォレックスやXMは実際に出金をしている人も大勢いますからこの点はクリアしているといえるでしょう。

ーバーが安定して稼動しているか

エントリーするときやエグジットするときなど注文を行うときサーバーを通して行います。
安定稼動していない業者を使っていると注文が正常に行われない場合もありますからこの点もチェックが必要だといえますね。

因みにアイフォレックスはサーバーが頻繁ではありませんが、たまに動いていない事があります。
気になるほどではないでしょうがこれも情報として明記しておくといいかもしれません。

ポートの対応状況

海外に会社があるので基本英語でほとんどの会社は対応してくると海外FX初心者の方は不安に思ったりしているかもしれませんが日本人スタッフが対応してくれる会社も少なからずあります。

日本語の対応だけでなく、対応のはやさ等にも注意してチェックを行いたいものですね。
をするとアカウント停止や利益没収になるか
海外FXは基本スプレッドが広いのでスキャルを行う人は少ないと思います。しかしスキャルを行っている人も中にはいるでしょう。
ブローカーによっては特定のトレード手法を禁止していたりする事がありますのでこういった場合はアカウント停止や利益没収なるケースが考えられます。

利用規約は基本英語で記述されている事が多いですので理解するのは難しいですが何をしたらだめかくらいは理解しておく方がいいでしょう。

厳しすぎる利用規約などがないかをチェックするのも有効でしょう。
産リスク
信託保全があってないようなものですから倒産リスクを考えておくに越した事はないでしょう。
今までに市場が急落や急騰した場合にも生き残っている会社は大丈夫かもしれません。

長年海外FXを運営しているアイフォレックスとXMは今の所無難だといえるかもしれません。

新興企業はあまり運営状況がどんな感じなのかが見えてこないと思いますから、口座を開設するにしてもリスクを回避する為に資産を少なめに入金する方がいいでしょう。
まとめるとチェックすべき点は以下のようになります。

1.出金はできるか
2.サーバーの安定性
3.サポート
4.利用規約
5.倒産リスク

キャッシュバックや入金ボーナスなどに飛びつくのではなく、少しめんどくさいかもしれませんがこれくらいは調べて海外FX口座を開設するほうがいいでしょう。

海外FXでランキング上位のXM