XM初心者必見。どのタイプの口座を開設すればいいの?

XM(エックス エム) , XMには口座タイプが3つあります。それぞれのタイプには特性がありますので、各々の口座タイプを紐解いていきましょう。

タンダート口座とマイクロ口座

現在XMで運用されているほとんどの口座はスタンダート口座だと思います。
Xmにおけるスタンダート口座とマイクロ口座の違いは1lotあたりの通貨量ならびに取引量の違いのみになっています。
スタンダート口座で1lotは10万通貨を指すのに対してマイクロ口座は1lotが1千通貨となっています。スタンダート口座を開設した後マイクロ口座の1ロットを注文する場合は0.01lot注文出すと同じ通貨量となります。

XMでは0.01lotが最小取引単位となっているので千円単位で入金する場合やかなり通貨量が少ない取引を行う事が多い場合はマイクロ口座を使うと良いでしょう。

ほとんどの場合スタンダート口座で問題ないと思われますが10通貨単位の注文を入れる場合はマイクロ口座を利用するといいと思われます。何しろ1ロットで必要な証拠金が200円未満でいいのですから。

小スプレッドを謳っているZERO口座とはどんな口座なのか。

口座名にZEROとついている事からもわかるとおりですがこのタイプの口座はスプレッドが0のものがあります。スプレッドがゼロでないにしても国内FXと比べても遜色ないほど狭いスプレッドで取引できる事がメリットとなっています。

これだと誰でもZERO口座を申し込むと思いますがこの口座には取引毎に手数料が発生してしまいます。10万通貨に対して片道5通貨の手数料が発生してしまう為1トレードに対して10通貨かかってしまうという事になります。(エントリー5通貨エグジット5通貨)

どういうことかと言うとドル円を例に取りますとエントリー時に5ドルエグジット時に5ドルかかります。

大きな単位で取引する場合や通貨別にみるとスタンダートに比べて特になる口座だといえます。特にスプレッドが広いポン/円などをメインの取引通貨に使うトレーダーにはうってつけの口座タイプといえるかもしれません。

スタンダート口座の最大レバレッジが888倍なのに対してZERO口座は500倍となっていますので限りなく高レバレッジをかけたい人には向いていないといえるでしょう。
XMの使い方は千差万別ですがお勧めの利用法としてまずはスタンダート口座を開設してボーナスなどを受け取り利益をあげた後ZERO口座に移行していくという方法がスマートだといえそうですがXM独自のロイヤリティーを考えるとスタンダートでもさほど問題ないのではないかと思ってしまいます。

初心者の方はスタンダートで口座を開設してみましょう。

3000円ボーナスをXMスタンダート口座で今すぐ受け取る