海外FX口座のほうが税金が安くなる場合もある

海外FXの税金 , 海外FXで利益をあげた場合気になる点としてあげることができるのは、出金がスムーズにできるかと言う点と税金ではないでしょうか。
初心者でなくても知っておくべき情報として書いていますので熟読する事をオススメします。
この記事では税金に焦点を当てていきます。

会社員やサラリーマンとして会社が税金の処理を行ってくれていた人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、FXで利益をあげた場合は会社の年末調整とは別に確定申告をする必要があります。
利益に基づいた税金をおさめる必要があります。儲かれば納税と申告の義務が発生しますので注意しましょう。
あまりやり方がわからない場合は、近くの税務署に問い合わせると教えてくれますので、FXの専業・兼業問わずに必ず行うようにしてください。

これをしないと脱税してる事と同義になってしまい、悪質な場合には追徴課税・重加算税がかかってしまい従来払わなくてもいい金額まで払う事になってしまいますので注意が必要です。
ケチっても碌な事になりませんから申告は必ず行いましょう。

告が必要なボーダーライン

会社勤めなどをしていて給与所得がある場合は20万円以上、それ以外は38万円以上となっています。
因みに以上と書いているので20万円また38万円を含みますので注意してください。

また複数の収入源がある場合一箇所からの収益が20万円を超えると申告が必要です。この点も重要ですので記憶しておくようにしてください。

また申告には期間がさめられていて毎年「2/16~3/15」までとなっています。

になる税金はいくらかかるのか。

XMなど海外FX口座を利用してあげた利益にどれくらい税金がかかるのかが一番気になると思います。
国内ブローカーを利用している場合には20.315%という一律の税率が儲けられていますが、海外FXを利用して利益をあげた場合は少しどころかかなり異なっています。

海外で利益をあげた場合は国内のように一律ではなく累進課税になっています。累進課税というのは儲けの金額に応じて税率が変化するシステムです。
下記に税率を記述します。

所得税率

1.195万円以下/5%/
2.195万円~330万円/10%/
3.330万円~695万円/20%/
4.695万円~900万円/23%/
5.900万円~1800万円/33%/
6.1800万円~4000万円/40%
7.4000万円~/45%/

となっています。

控除額は

1.195万円以下/0/
2.195万円~330万円/97500円/
3.330万円~695万円/427500円/
4.695万円~900万円/636000円/
5.900万円~1800万円/1536000円/
6.1800万円~4000万円/2796000円/
7.4000万円~/4769000円/

となります。これに住民税10%と復興特別所得税2.1%がかかってきますので国内FXを利用した場合と比べるととんでもない税率というイメージをもたれると思います。
しかし海外FX口座にかかる税率が国内で利益をあげた場合よりも安く済む場合もあります。
外FXの税率の方が安い事があるってホント?
国内FXブローカーで利益をあげた場合の税率は20.315%だと上記に記述しましたが、海外FXで同じ税率になるのは課税対象となく金額が4,300,000程です。
となるとこれより少ない金額になれば国内FXを利用している時よりも少なくなるといい計算になります。

195万円~330万円もしくは経費など沢山使われている場合は330万円~695万円までは海外で利益をあげていても問題ないことがわかります。
経費を差し引いて195万円~330万円内におさめないといけませんが。

国内では到底及ぶ事のない888倍ものレバレッジをかける事ができるXMなどで利益をあげて、国内業者に移るという方法が一番スマートだといえるのではないでしょうか。
それにはまずXMなど海外FX口座を利用して利益をあげる事が必要ですね。

3000円ボーナスを受け取ってXMを始める
累進課税という特性上、国内よりも海外FX口座のほうが税金が安くなる場合もあると言う事がわかったと思います。
まずは海外FXで利益をあげるという事が先決になりますので是非頑張ってください。

3000円ボーナスを受け取ってXMを始める