XMなど海外FX口座に向いているトレード期間

XM(エックス エム) , 海外FX口座 , トレード期間を大きく分けると長期・中期・短期と3つに分類できます。
高レバレッジをかける事ができるXMをはじめとする海外FX口座において向いている手法はどのトレードといえるでしょうか。

期・中期売買は向いているか。

高いレバレッジをかけて長期・中期投資することは向いていないといえないものの、資金効率と言う点ではオススメできないといえるでしょう。

ほとんどの場合、中期長期で投資を行う場合、レバレッジを抑えて投資できる投資金額をあげる事がセオリーといえます。

例を挙げると500pipsでストップを入れて1,000pips取りに行く手法を取るとすると、50,000円入金したとしても10,000lot程度の売買になると思います。
10,000lot張ったとすると1000pipsで10万円程度になるので不可能とはいえませんが資金効率の面で考えると短期売買に着手した方がいいといえます。

期売買は向いているか。

短期売買の中には数分で売買を終了するスキャルピング・一日で完結するデイトレ、数日ポジションをもつスイングトレードがあります。
XMなど海外FX口座で高いレバレッジをかける場合、短期売買が一番効率のいい方法だといえるでしょう。

チャンスを待って数百pipsもしくは数十pipsで手仕舞いするという方法は利益が限られているもののリスクもそれほどないといえるでしょう。

現にXMやiforex等を利用して高額出金したほとんどの人が短期売買をしているという面を考えるとわかると思います。
長期や中期はさほどメリットを感じないので短期をトレードをやっているといえるのではないでしょうか。

では短期の中でもどのトレード方法がいいでしょうか。

外FXで手を出さない方がいい短期手法

どのトレード方法がいいかと言うことを考えるよりも消去法で考えるといいと思いますが、海外口座の場合スプレッドが広い場合や狭くても手数料を取られる場合がほとんどです。
エントリーした時点で国内口座よりも不利な条件が目に見えてしまうといえるでしょう。

これを考えるとスキャルピングはかなり不利なエントリー手法だといえます。
例えば5pips抜きをする場合国内よりも数pisp余分に利益を出す必要があるといえます。

スキャルピングを主なトレード期間としている方は海外FXはオススメできないのでスプレッドの狭い国内口座でトレードする方がいいといえます。
イトレ・スイングトレードが最もいいといえる
XMなど海外FX口座で最も効率がいい手法といえるのはデイトレ・スイングトレードだといえます。

数pispでなく数十pispを狙いにいくとなるとスキャルに比べてストップに幅がありますし利益が出た場合にピラミッディングをして利益を伸ばす事ができます。

50,000円入金して日経225を100lot買うと100円の値動きで10,000円変動しますが200円上がって利益が乗った時点で買い増しを続けると相当な枚数になります。

買い増しや売りましは、含み益を証拠金としても売買が可能です。

3000円ボーナスを受け取ってXMを始める

大きくレバレッジをかけて買い増し、売り増ししていく方法が海外fxで一番効率のいい方法だといえます。
短期売買において一番大事なのは最初のエントリーですから適当にポジションを持たずチャンスを待ってエントリーするようにしましょう。

そのあと買い増しや売り増しなどを行う事により利益を伸ばしていく手法で爆益を狙ってください。

XMで爆益を狙ってみる