仮想通貨のトレードができる海外FXブローカー3選

XM(エックス エム) , 海外FX口座 , よくも悪くもボラが大きいと注目されがちな仮想通貨ですが主要な銘柄は海外FX口座で取引できたりします。

通貨や他のCFDに比べるとレバレッジは低めに設定されていますが差金決済で利益をあげることも可能です。

末の金曜日でエグジットしておく

国内の取引所で取引している方はエッと思うかもしれませんが、海外FX口座を利用して仮想通貨でトレードする場合、土日は休みのケースが多いです。
XMにおいても例外ではなく取引できません。

持ち越すリスクを考えると週末の金曜日でエグジットしておく方がいいでしょう。

プレッドが広い

取引所と違いCFDの体をしている海外FXの仮想通貨は手数料がかからない事がほとんどですがその代わりスプレッドが広い事が多いです。

仮想通貨の取引所と比較して安いまた、それでも売買して損を感じない場合はエントリーするといいでしょう。

iforex

海外FX会社の有名どころであるiForexでは仮想通貨のトレードを行う事ができます。

・レバレッジ10倍
・円建ての取引ができる銘柄がある
・手数料なし(スプレッドあり)

となっています。最低売買枚数が決まっているようで小額の取引を行う事ができません。またiForexは海外ブローカーの中でも珍しくMT4を利用してトレードを行う事ができません。
MT4を利用したい場合はXMなど他のブローカーのデモ口座を作ってチャートだけを確認するといいかもしれません。

iforex
Tradeview
FXにおいても評判のいいTradeviewはBTC vs USDが0.02ドルとなってかなり狭いスプレッドとなっていますが、別途手数料が発生してしまいます。
希少なA-book業者なので私も自身をもってオススメすることができます。

・レバ10倍
・手数料15ドル(片道)

Tradeview
XM
日本人の開設がかなり多く人気のブローカのXMにおいても仮想通貨の差金決済を行う事ができます。
FXやほかのCFDは888倍とかなり高いレバレッジを誇っていますが仮想通貨に関しては5倍のみになっています。

またXMにはMT4口座とMT5口座があるのですが仮想通過を触る場合はMT5の口座を開設する必要があります。
他のFXブローカーと同じくスプレッドは広めとなっています

・レバ5倍
・MT5

XMで仮想通貨の取引を試してみる
上記にあげたブローカー以外にもFX OPENなど取引できる会社は存在するのですが日本語のサポートがなかったりしてハードルが高いと判断した為紹介を見送りました

国内の取引所を利用するかどうかはお読みになっているあなた自身の判断ですが海外FXを利用して仮想通貨のトレードを行っても追証がかかる事はありません。
ココが一番のメリットといえるでしょうね。


XMで仮想通貨の取引を試してみる